フラワーエッセンス

日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

普段はホメオパシーのセッションをメインにしているのですが、場合によってはフラワーエッセンスをお勧めする機会も少しずつ増えてきました。

センターを開設して1年、開設当時はクライアントさんが遠方の人(スカイプ対応)がほとんどで約9割を占めていたのですが、最近になってセンターに来てくださる人も増えてきました♬

それでその場で試してもらうことが可能になったのも原因かな。

 

フラワーエッセンスは心の問題にとてもよく合っているように思います。

ホメオパシーと製法が違っていて、簡単に言うと、お花のエネルギーを水に転写したものになります。

ホメオパシーに比べ反応も柔らかで優しく導いていくようなイメージが僕にはあります。

 

これからはフラワーエッセンスも少しずつ紹介できたらなって思います。

では今回フラワーエッセンスはバッチ博士が開発したバッチフラワーレメディーから紹介します。

 

ホワイトチェストナット(セイヨウトチノキ)のテーマは”心配事がグルグル”といったところでしょうか♬

 

 

おなじ考えが頭の中で繰りかえされる

心配事が脳裏を離れない。

思いが堂々巡りしてしまい、苦痛になる

恐れやできごとから気分転換できず、離れることができない。

 

いろいろ考えすぎて、夜眠れないことがある

心配事が頭から離れないため、リラックスできず集中力もおちてしまう。

 

主に自分の周辺のことを考え続ける傾向にあり、

心配事は基本的に自分自身のことになります。

 

 

 

ホワイトチェストナットをとると、

心が落ち着いて、リラックスした状態や集中力が取り戻されます。

それほど考えすぎたり、心配することはないのだということが理解できるようになります。

平静な気持ちで物事に取り組むことができるようになります。

客観的な視点から自分を眺めることで、頭を悩ます問題の解決策を見出すことができるようになります。

 

以上になります♬

バッチフラワーはどこそこで入手可能です。またお試しになりたい方は、当センターまで是非お越しくださいませ(*^^*)

 

 

参考文献

エドワード・バッチ 「エドワードバッチ著作集」

ジュリアン&マーティーンバーナード「Dr.バッチの ヒーリングハーブス」

メヒトヒルト・シェファー「バッチの花療法 その理論と実践」

東 昭史「バッチフラワー 花と錬金術」

白石由利奈「バッチフラワーBOOK」 等

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓