日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

さて今回のフラワーエッセンス

チコリー(Chicory:キクニガナ)のテーマは”無条件の愛”になります。

 

このフラワーエッセンスを思い浮かべるとき、いろんなクライアントさんが思い浮かびます。それだけ、そういう関係性の親子や人間関係が多いってこと。

 

自身にも少なからずあると思いますが、ホメオパシーを始めてから少しずつ手放せるようにはなってきました。

 

もっと手放せるようになると本当に心も身体も軽くなれるんやろうなあ♬

 

 

ではチコリーの調和のとれていない状態では、

 

相手を思い通りにコントロールしたがる。

愛に見返りを求める。あなたのためにやったのにと言いたくなる。

見返りの愛、条件付き愛。

 

自分の好きな人にはいつも近くにいてほしいと願う。

人に干渉しすぎる。くちやかましい。必要以上に世話を焼く。

人から愛を奪おうとする。感情面にうったえる

 

相手の気を引くため、意識的あるいは無意識的に問題を起こしたり、病気になったりする。

愛着を持つ相手との関係が疎遠になることや、相手が離れていくのを恐れ、拒んだりする。

 

相手を独占したい気持ちが強い。

思い通りにならないと怒り、被害者を演じる。

一人にされるのがいやで、自分に向いていてほしい。

 

成人している子供をコントロールしようとする親。

娘が家を空けようとするときには、いつも、身体の痛み、症状を訴える母。

人を許し、過去を水に流すことができない。

 

 

ふう、チコリーの人物像が浮かび上がってきますね。

こういう母親を持つクライアントさんときどきいらっしゃいます。

 

では調和のとれた状態では、

 

大きな愛、無条件な愛、与える愛。

温かさ、親切心、慈愛。

見返りを求めず、献身的にほかの人の世話をすることができる。

 

温かさを示し、親切になり、思いやりが出てくる。内面が安定する。

相手に対する執着心や過度の期待を手放すことができ、精神的に安定する。

安心感を他人に与える。

 

純粋な母性愛で他の人を世話することができる。

愛する人がその人らしく人生を生きることを認めることができる。

自身の内部から愛があふれ、他の人から愛されることで自分の価値を確認する必要がなくなる。

 

以上になります。

 

バッチフラワーはどこそこで入手可能です。またカウンセリングやお試しになりたい方は、どうぞご相談くださいませ(*^^*)

 

参考文献エドワード・バッチ 「エドワードバッチ著作集」

ジュリアン&マーティーンバーナード「Dr.バッチの ヒーリングハーブス」

メヒトヒルト・シェファー「バッチの花療法 その理論と実践」

ディートマー・クレーマー&ヘルムート・ヴィルトの「バッチフラワーニューセラピーⅡ」

東 昭史「バッチフラワー 花と錬金術」

白石由利奈「バッチフラワーBOOK」 等

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhom)のサイトはこちら!