日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

イルカは人間以上に右利きが多いことが分かったんだそうです。人間は約90%が右利きで、それ以上とか。それだけかたよりがあるって、なかなか興味深いですね♬これはバハマ(赤道より北)での実験ですが、南半球側のイルカもそうなんでしょうかね。興味のある方は下のリンクからぞうぞ!

 

https://bit.ly/367Tpdx

 

さて今回のフラワーエッセンス

 

アグリモニー(Agrimony:セイヨウキンミズヒキ)のテーマは”自分自身と向き合う”といったところでしょうか。

 

こういうタイプの人、連続ドラマの、ある回の主人公に見かけそうなイメージがわきます(*^^*)

 

 

では、アグリモニーの調和がとれていない状態では

 

自分の悩みを友人や家族になかなか打ち明けられない。

外面(そとづら)がよいと言われることがある。

状況が大変であればあるほど、陽気に振る舞ってしまう。

 

自分が他人にどういう印象を与えるかを重視している。

仲間といると、自分の抱えている問題を忘れられるので、社交的である。

あれこれ考えないように、いつも忙しく動きまわっていなければならない。

 

明るさの裏側に悩みや不安を隠して抑圧している

心の悩みや不安に対して、その苦しみと向き合うことを避けようとする。

体の痛みや不快感を表に出さずに、耐えているときがある。

 

心の内の暗い影に自分でも触れたくないと思う。

心の内の暗い影と向き合いたくないため、買い物、ギャンブル、仕事、お酒、薬物へ依存、ネット中毒などに陥る。

 

 

 

ではアグリモニーの調和がとれた状態では

 

純粋な内面的な喜びを感じる。

問題を正面からみすえるようになる。

気分のムラがなくなり、識別能力と客観性がでてくる。

 

心の安らぎを得る。人々に明るさと安らぎをもたらす。

抑え込んでいた自分の影の部分を受け入れられるようになる

 

悩みがあっても、問題の明るい側面を観ることができる。

心をオープンにして、自分の苦しみを、周囲の信頼できる人に打ち明けられる。

 

無理をして明るく振る舞ったりせず、リラックスして自然体でいられる。

自分自身を受け入れ、内面の喜びから生まれる快活さとなる。

 

 

ホメオパシー相談会、随時受け付けております。

ご案内についてはこちら!!

(お申込み順に対応させていただいてます。)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhom)のサイト