日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

さて今回のマザーチンクチャー(MT)カーディアスマリアナス(Card-m:オオアザミ)のテーマは”肝臓”になります。

 

 

 

マザーチンクチャー(MT)は、ハーブなどを漬け込んだ薬草酒のことで、症状に対していろいろと薬効成分が入っているものがあり、ホメオパシーでもサポートとして良く使う機会があります。

 

では早速特徴を観ていきましょう♬

 

慢性肝炎、肝硬変

肝臓の鬱血

 

胆石、胆石による黄疸

 

 

アルコールや薬による肝臓のダメージ

 

浮腫

 

胃の灼熱感、吐き気、嘔吐

 

咳、血痰

 

心気症

 

静脈瘤

 

怒りの感情は肝臓を悪くします。全ての感情はまず肝臓に入り、その後他の臓器に振り分けられ放り投げられるんだそうでえす。くよくよしていると、肝臓が悪くなった後に脾臓が悪くなり、恐怖は、肝臓から腎臓へ、悲しみは肝臓から肺に移ります。

 

肝臓と胆嚢に合うのはカーディアスマリアナスですが、肝臓と腎臓に合うのはバーバリスブイBerb-v:セイヨウメギ)、肝臓と脾臓にはタラクシカム(Tarax.:セイヨウタンポポ)、肝臓と胃腸の問題にはハイドラスティス(Hydr.)が良いと思います。

 

 

 

以上になります♬

 

 

ただいまホメオパシー相談会の新規募集を行っています♬

 

(特典あり!)ホメオパシー相談会新規募集 3/22 24時まで

 

 

新型コロナウイルスの対処用として、由井寅子先生がライブでご紹介してくださったマザーチンクチャーはこちらになります♪

 

エキネシア・・・敗血症、血液、免疫

タラクシカム・・・肝臓、胆嚢、脾臓、すい臓

ルータ・・・血液、腱、抗炎症、ルチン含有

スーヤ・・・腎臓、膀胱、生殖器系、薬の影響、イボ

ソリディゴ・・・予防接種、薬害、腎臓

ダイオスコリア・・・腸、抗炎症、ホルモン

 

参考書籍:「ハーブ・マザーチンクチャー」 由井寅子著

 

 

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー的予防対策ではインド政府や母校のCHhomが次のように推奨レメディーを紹介してくれています。

 

新型ウイルスの特効薬? インド政府、アーユルベーダなど古来の治療法を推奨

「新型コロナウイルスのホメオパシー的対処と予防」について

動画「新型コロナウイルスのホメオパシー的対処と予防」について

 

 

ただいま日本ホメオパシーセンター神戸西神中央では、

ホメオパシー相談会、随時受け付けております

 

ご案内についてはこちら!!

 

(お申込み順に対応させていただいてます。)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

 

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬/

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhom)のサイト