Blatta(ブラッタ・オリエンタリス:インドゴキブリ)のテーマは

 なんといっても喘息です♪

先のとら子先生の大阪講演会で少し話題にでたんやけど。 

どんな生き物でも、ホメオパシーのレメディになっちゃうよと。

時にはそのレメディがとっても有益であったりするんだよねと♬ 

 

プルービングとしては

喘息 気管支炎 結核

 

窒息感 喘鳴で夜中に目が覚める

 

肥満した不健康者

 

雨天で悪化する人に

 

多量の粘液の蓄積による窒息の危険

 

呼吸困難と咳を伴う気管支炎、結核

 

精神では

慢性的な心配や憂慮

 

相対的な衰弱

 

頻繁に病気になる

 

意気消沈

 

Ars(アーセニカム:ヒ素のレメディ)で、

効果があまり得られない時にとると良いそうですよん♪

僕はもともと喘息持ちで、

もう何年も発作がでてないんよね、ホメオパシーをやり始めてから。

でも心にしっかりとどめておこう♬

 

Blattaの購入先はこちら