日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

ホメオパシーのレメディで緊急時に良くとってるレメディがあってね。

Acon(アコナイト:トリカブト)

Arn(アーニカ:ウサギギク)

Ars(アーセニカム:ヒ素)

これらが3つコンビネーションになってるものがあって、ケガをしたときや

風邪の引き始めや、ショックな出来事があった時によくとってるコンビネーションがあってね。

 

で、僕的にはこれらにこのレメディを加えてみたらどうかと思ってる。

それでクワトロ(4つの)Aと名付けてみたい(*^^*)

 

僕は書痙(しょけい:人前で書くときに手が震える)もちやったので、窓口手続きや、記帳がとても苦手で、そういう作業が生じる日のだいぶん前の日から緊張感がたかまってきてね、いわゆる予期不安ね。

その頃はバッチフラワーのレスキューレメディとともに、当時とてもお世話になってた。

この気質をもってるひと、結構いると思ってる。

今後引き続き関連したレメディをご紹介できればと思います。

 

今回のテーマは

Arg-n(アージニット:硝酸銀のレメディ)のテーマは不安、あがり症、パニックです。

 

 

プルービングというのは健康な患者がある原物質をとった時に現れる症状で、ホメオパシーの原則「健康な人に投与して、ある症状を起こさせるものは、その症状を取り去るものになる」というホメオパシーの「同種の法則」に基づいたものです。

 

 

不安症、予期不安

あがり症、心配性、

パニックの症状

 

めまい、頭痛

振戦、麻痺、てんかん発作、チック

動悸

震え 手の震えで書くことができない

息切れ、息苦しさ、窒息感

吐き気、腹部の不快感

めまい、ふらつく感じ

 

結膜炎 眼精疲労 視覚低下

下痢(不安から)

胃潰瘍、出血性大腸炎、過敏性腸症候群

腹部膨満

 

嗄声、失声、頻繁な咽頭痛

記憶力の弱さ

インポテンツ

 

多発性硬化症

高所恐怖症、閉所恐怖症

慢性疲労症候群

 

砂糖を欲する

 

 

精神では

 

予期不安・不安

恐怖感

失敗への恐れ

神経質

憂鬱・心気症

 

コントロールを失うことに対する恐怖

死ぬことに対する恐怖

人込み、暗闇への恐怖

 

時間に間に合わない恐怖

試験、発表がうまくいかない不安

常に急ぐ必要性、時計が遅く感じる

悪いことが今にも起こりそうな恐怖

感受性が強く、ストレスの多い状況や環境に影響を受けやすい

 

レメディの反応は人それぞれですが、

過去に自身がとってた時の感覚では、

このレメディはゆっくりじっくりじわーっと、

根っこの方にアプローチしてるのかなと感じてました。

 

どうですか?あてはまるものありますか?

もしよければどうぞお試しになってみてください

あなたの自己治癒力(バイタルフォース)がどう反応して、

どんな変化が起こるかご覧になってください♪

レメディの叡智があなたの叡智と共鳴し合うことを祈ってます。

 

以上になります♬

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ただいま日本ホメオパシーセンター神戸西神中央では、

ホメオパシー相談会、随時受け付けております。

 

ご案内についてはこちら!!

 

(お申込み順に対応させていただいてます。)

Skype等対応してますので、自宅に居ながら安心して相談会を受けられます。

 

お問い合わせ・お申込みはこちらからぞうぞ↓

相談会依頼の他、興味ある事、不安なこと、わからないこと等お待ちしております。

(できるだけお電話番号もご記入ください。こちらからの返信メールが、お客様の迷惑メールBox等に入っていて気づかれない場合もございます。お電話のショートメッセージを利用させていただきます。)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

 

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬/

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhom)のサイト