日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

さて今回のレメディー

Osm(オスミウム)のテーマは”重いプレッシャー”そして”緑内障”でしょうか。

 

 

何事も忍耐強く、責任感をもって、やり抜かねばならない人に向いてるレメディーだそうです。

ストレスやプレッシャーがピークに達し、眼圧に影響を与えるのかもしれません。最近では眼圧が正常範囲内である場合も多く、視神経周辺の血流の問題もあるのかなと思います。

 

それではプルービングを見ていきましょう。

 

プルービングというのは健康な患者がある原物質をとった時に現れる症状で、ホメオパシーの原則「健康な人に投与して、ある症状を起こさせるものは、その症状を取り去るものになる」というホメオパシーの「同種の法則」に基づいたものです。

 

目の問題

光の周辺が緑色または虹色の輪に見える。

緑内障、虹輪を伴う、視野が虹色になる

 

視野障害 視界が曇る

 

他に緑内障ではPhys(ファイソスティグマ:ガラバルマメ)というのがありますので、後日紹介できればと思います。

 

鼻の症状

コリーザ、多量の鼻水、鼻が詰まる感覚を伴う

 

呼吸器の症状

痙攣性の咳、空の管の中で咳をしているよう

 

引きはがされるような感覚と、粘着性の咳

話すと喉頭が痛む、敏感な気道

 

 

 

筋肉の収縮と硬さ

パーキンソン病、多発性硬化症

 

心臓や血管の問題

高血圧、血栓、脳出血、

 

ニンニクの臭いのような汗

スミレのにおいの尿

 

 

他にニンニクのような汗ならLach(ラカシス:ブッシュマスター)

玉ねぎの臭いの汗なら、Bov(ボバイスタ:ホコリダケ)、Lyc(ライコポディウム:ヒカゲノカズラ)などがあります。

 

またKali-p(ケーライフォス:リン酸カリウム)では、悪臭を放つ、死肉のような分泌物のにおい、臭い体臭とあります。

においに関しては他にいっぱいあって、ホメオパシーの得意分野やと思います♪

 

コーヒー、ココアを嫌悪

 

 

精神では

 

神経過敏、落ち着かない

泣き出しそうな気分、咳をしながら叫ぶ

 

何事も忍耐強くやり抜かねばならないと思う

 

ストレスやプレッシャーがピークに達してても、辛抱と努力で乗り越えていこうとする

組織作りや根本作りに必要な管理者のような人

 

というところでしょうか。

 

緑内障は現代病の代表ともいえるので、レメディーの選択もより包括的に観ながら選んでいくことになります。

また、生活習慣のチェックや、目の疲れを防ぐあらゆることを試しながら、習慣化していくことも大事かなあと思います。

 

ちなみにホメオパシーの大先輩の片桐先生もかつて緑内障で、このレメディーがよく効いたなあとおっしゃってたなあ。

改善する可能性はあるよ、きっとね。

 

今回は以上になります♬

 

 

エピデミック、パンデミックに強いホメオパシー

3か月でここまで広がる疫病には、現代では、ワクチンで対応するのは難しく、普段から自己治癒力を高めておくことが、やはり大切だと思います。

 

ホメオパシーは日常で広く使えますし、普段から使っているとだんだん自己治癒力が上がって健康になっていきます。

身体にたまった老廃物を排出するのが得意です。つまり、自己と非自己を見分けて、体に本来必要でないものを排出する力がついてきます。

 

 

実はチャールズ皇太子にホメオパシーを処方したのはインドのマタイ医師なのです。

ホメオパシーはドイツ発祥で、それがイギリス、フランス等、ヨーロッパに広がり、インドに流れてという経緯をたどっていまして、もちろん英国のロイヤルはホメオパシー愛好家として知られていますので、今回のコロナに関しては、インドのホメオパシーの実力が高いのかと思ったりします。

 

 

3月に入って、インドAyush省アドバイザーでありRejoice Health FoundationのグローバルヘッドDr.Naval Kumar Vermaが、

新型コロナウィルス予防のための新しいプロトコールを提案してくださってます。

 

インドの新型コロナ対策、ホメオパシーで予防 5Daysプログラム

 

レメディーは1粒当たりせいぜい20円以下!全部で7粒140円の予防プロトコルです。残ったレメディーも後々他の症状に使えます♬これかもと思う方は是非お試しいただきたいと思います♬

 

 

購入先等お問い合わせください♪

 

ホメオパスである片桐航先生によれば、

 

~このプロトコルは今世界を包んでる先行きの不安、恐怖、ある種の潔癖、集団ヒステリー、疑い深さと言った免疫を低下させる心理、そしてこの病気の持っている症状に合わせたホリスティックなモノになっています。

あなたの大切な人に伝えてください。~

 

Acon. :恐怖、不安、急性のショック、パニック、風邪の引き始め

Ars. :癌や死に対する不安や恐怖、のどの焼けただれるような痛み、喘息

Gels.:インフフルエンザのNo,1レメディー、喉の痛み節々の痛み、頭痛、ぶるぶる震える

Oscill.:ホメオパシー版抗ウイルス薬、インフルエンザの初期症状に

 

Oscill.は、アヒルの肝臓と心臓から抽出されて作られたものであり、ホメオパシー版抗ウイルス薬とも呼ばれており、インフルエンザや似たような季節的なウイルスによる疾患がぐずぐずしているときに、明白な効果を発揮するそうです。欧米ではインフルエンザの季節に飛ぶように売れるレメディーでもあります。

 

各々のレメディーはインターネットで入手可能です♪ご興味のある方はどうぞお試しください。

 

ただ、ホメオパシーを知らない方は、理解を深めるために、このHP内にある、紹介動画を是非見てくださいね♪(スマホなら下部、パソコンなら右下部にあります)

 

 

 

ただいま日本ホメオパシーセンター神戸西神中央では、

ホメオパシー相談会、随時受け付けております。

 

ご案内についてはこちら!!

 

(お申込み順に対応させていただいてます。)

Skype等対応してますので、外に出ずに安心して相談会を受けられます。

 

お問い合わせ・お申込みはこちらからぞうぞ↓

相談会依頼の他、興味ある事、不安なこと、わからないこと等お待ちしております。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

 

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬/

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhom)のサイト