日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

ただいま由井寅子先生大阪講演(9/15)のご案内とホメオパシー健康相談モニターの募集を行っております。

由井寅子先生大阪ライブ講演(9/15)のご案内

ホメオパシー健康相談モニターの募集(8/12まで)

 

さて。今回紹介するレメディー

Hyper(ハイペリカム:セントジョーンズワート、オトギリソウ)の面白いテーマは”魔除け”です。

Hyperの花言葉は”敵意” ”秘密” ”恨み” だそうです。

Hyperといえば通常は傷や神経のレメディーとして知られています。チンクチャーとしてもよく使われています。

 

破傷風のNo.1レメディー

また神経に達するようなケガや事故

尾骨を打った時

不眠、リズム障害

 

そういう時のレメディなんですが、

 

ヨーロッパではHyper(セントジョーンズ・ワート(聖ヨハネの草))は悪い霊を追い出す魔除けとして使われていて、精神病患者に与えられていたそうです。

サロメにより、ヨハネは首を切られる。その血が葉っぱについて、葉っぱの赤い斑点になったという話があります。

面白いのは日本名「オトギリソウ」に関しても同じような話があるんですよね。 

昔、鷹匠だった兄弟がいて、鷹が傷ついた時、これで劇的に治るということを、兄が弟に秘密にしとくように言ったところ、 弟がみんなにしゃべってしまい、兄が激怒して弟を切り殺す。で飛び散った血が葉っぱにつき、その模様となった。

面白いですよね、同じような逸話があるなんて。要は両方とも血塗られた歴史があるんですよね。

そういうところからきてるんやろなあ。敵意や恨みからくるエネルギーを押し出すんやろなあ。

さあ簡単に見ていきましょうか。

 

通常のプルービングでは

 

どんな損傷でも敏感に感じる

鋭い射るような痛み 知覚障害

神経の経路に沿ったチクチクする感覚や、痺れ

 

損傷、打撲傷、裂傷、切り傷、刺し傷、特に神経損傷や、例えば、手の指先、舌、歯など、神経が豊富な部位の損傷。

尾骨の損傷

 

局所的なステロイド、麻酔、鎮静薬の注射による、脊髄と脳の変性、多発性硬化症、及び脊髄炎

 

精神では

思考が、効果的に制御されないままに、精神と脳内を駆け巡る

夜間と睡眠時の過剰な精神活動、そのための不眠、慌ただしい夢、早朝覚醒、無気力と倦怠感を伴う

過去の思い出を重苦しく感じる。

信念体系や、時代遅れの考えを手放すことができない

書き間違える、言おうとしていたことを忘れる

 

このあたりでしょうか。

今後は”魔除け” をテーマとしてインプットしたいと思います。確かに土地の浄化にも使うことができますしね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓