日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

さて今回のマザーチンクチャー(MT)は、ホメオパシーの学校に通った4年間の後半によく耳にするようになりました。学生の頃は、自分のためにとることが多かったのであまり必要性を感じませんでしたが、相談会をするようになって、女性のクライアントが多いためか、最近ではとても重要なMTだと感じています。

 

ダイオスコリア(Dios.:ワイルドヤム)のテーマは”女性生殖器とホルモン”になります。

 

 

ダイオスコリアは北米原産の野生のヤマイモで抗炎症作用、胆汁分泌作用、抗痙攣作用があり、古くから薬草として使われています。

 

では早速特徴についてみていきましょう。

 

特徴としては

 

月経痛(痙攣性の)、月経前緊張症

 

更年期の諸症状

 

 

狭心症 胸に締め付けられるような痛み

更年期症状を伴う心臓の症状、動悸がしたり、じっとりした冷や汗をかく

 

胆汁鬱滞、胆石

 

腹部や骨盤内の筋痙攣、疝痛

突然波が打ち寄せるような痛みがあり、腹部全体に放射状に広がるような場合

坐骨神経痛、腰から臀部、足に広がる痛み。

 

動作で悪化

背中を伸ばして反らせると痛みが和らぎ、逆に前に曲げると悪化

 

過敏性腸症候群、鼓腸、膨満感

 

フラワーエッセンス研究家の東昭史先生が開発した日本のフラワーエッセンス(FEFE)で女性性に関する有名なものとしてヤブツバキがありますが、これも月経の問題に良く合います。

他にもホメオパシーで女性性に関するレメディーはたくさんあります。少しだけ紹介しますね。

 

Con.(コナイアム:毒ニンジン)・・・月経不順、乳腺 乳房の問題、乳がん、子宮の問題、ぐるぐる回るめまい、性の抑圧、悲しみと罪悪感。

Lil-t.(リリアンティグ:オニユリ)・・・女性生殖器を浄化する、子宮、卵巣、体液のうっ滞、女性性の解放。

 

以上になります。

参考書籍:「ハーブ・マザーチンクチャー」 由井寅子著

 

 

ただいま日本ホメオパシーセンター神戸西神中央では、

ホメオパシー相談会、随時受け付けております。

 

ご案内についてはこちら!!

 

(お申込み順に対応させていただいてます。)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

 

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhom)のサイト