日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

さて今回のレメディLyc(ライコポディウム:ヒカゲノカズラ)のテーマは”右側”です。

 

これは左側に症状が出やすいLach(ラカシス:ブッシュマスター)と正反対ですね。

自分が最初にLycについて学んだのは「人前での緊張」「右側の症状」でした。

後に、消化管の症状や、肝臓に関する問題に選択されることを知りました。

 

グランジョージの「スピリット・オブ ホメオパシックレメディー」では

 

「右側の発達のし過ぎが権力と男らしい気質への強い欲求に導き、その失ってしまった権力、威厳、そして高潔さを取り戻したいと思っているが、それに必要な自信がない」とのこと

「頭が良いのに頑固で寛大さに欠け、狭い了見を持ちながら、低いレベルの管理職についているタイプ」だそうです。

 

プルービング

消化管の問題 ガスがたまりやすい

食べた後眠くなる(肝臓)

 

 

 

熱い食物を好む

甘いものを切望

身体の大変冷たい人

右側の症状

 

泡だつ尿

インポテンツ、早漏

毛髪が灰色になる、脱毛

これらは腎臓の問題からきているかもしれません

 

 

難聴、聴力過敏、耳鳴り

 

踵のひび割れ、足の臭い汗

骨軟化症、湾曲症

これはアルミの影響かもしれません、Lycにはアルミが含まれており、とることでアルミの排出を促します。

 

 

公衆の面前でしゃべることの恐怖、予期不安症

 

 

自己防衛的で責任を避ける 保守的になる

安心できる場所で独裁的、横暴、威圧的、支配的(家庭で怒鳴ったり)

不安から身体が酸性になり肝臓が毒をためる

 

知識人で、精神活動と思考に焦点を合わせすぎる(身体は弱々しく病気がち)

 

といったところでしょうか

右側、内弁慶、肝臓、腎臓、腸に関する症状を照らし合わせながら選択していきたいですね。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬