日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

さて今回のレメディーStaph.(スタフィサグリア:ヒエンソウ)のテーマは”抑圧された怒り”とでも言いましょうか。

 

由井寅子先生によれば、「常に不当に扱われ、屈辱的な目にあうのがこのレメディー」だそうです

 

 

では早速プルービングを観ていきましょう。

 

 

手術による傷の痛み(帝王切開、会陰切開、その他の手術)

 

眼球の破裂しそうな、焼けるような痛み

瞼の麦粒腫

虫歯になりやうい傾向

 

膀胱炎、膀胱の焼けるような痛み)

尿意が切迫しているが、わずかしかでない、または水っぽい量を多量に排出

前立腺炎、精巣炎、膀胱炎

 

疝痛、吐き気

 

しらみ

 

触られることに敏感

 

 

精神では

 

怒りや憤りを感じたのに、それを押さえてしまったことが原因で起こる症状

激しい感情、侮辱されたと思って怒っている

 

屈辱を受けたとき、プライドを傷つけられたとき

抑圧された感情、外面では平安で優しそうにしているが、内面では深く傷ついている

 

だれかの支配下にいるが、それがやめられない

権威をあまりにも受け入れすぎる、あまりにも受け身なために個人の力を失う。

 

境界を越えて踏み込まれた気分

なぜ私だけが、私が何をしたの」と思っている

他人の無礼さに敏感

 

非常に性的に興奮しやすい、満たされない欲求、見境なく性的関係を持つ傾向、マスターベーション、性的逸脱性とサドマゾ的な行為

 

 

 

以上になります。フラワーエッセンスで、事故によるショックとトラウマにスター・オブ・ベツレヘムというのがあります。また自分が虐げられて憤慨する思い、「なんで私だけが」という思いにはウィロウがあります。

 

日本人は抑圧文化的なところがあると思います。こういう方少なくないです。

心当たりがある方は是非とってみてくださいね。抑圧が解放され、そして付随する症状が改善されますように♬

 

また、Staph.は、Arn(アーニカ:ウサギギク)、 Hyper(ハイペリカム:オトギリソウ) 、Mag-p(マグフォス:リン酸マグネシウム) 、などと共に、手術時の痛みや傷の回復のサポートにとても大切ななレメディーになってますので是非使ってみてくださいね♬

 

 

ただいま日本ホメオパシーセンター神戸西神中央では、

ホメオパシー相談会、随時受け付けております。

 

ご案内についてはこちら!!

 

(お申込み順に対応させていただいてます。)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

 

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhomのサイト