日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

さて今回のレメディー

Ign(イグネシア:イグナチア豆)のテーマは”急性の悲しみ”或いは”振れる感情”になりましょうか。

 

ホメオパシーの学生の頃はあまり自分でとることはなかったんやけど、クライアントを観るようになって、このレメディーを選択する機会がとても増えました♬

 

悲しみでは、岩塩のレメディNat-m(ネイチュミュア)もありますが、Ignが慢性化しておちていくとNat-mになったりします。

 


 

それではプルービング観ていきましょう。

 

失神、ヒステリーのNo.1レメディー

顔面の引きつり、チック

 

吐出、嘔吐

咽頭痙攣、しゃっくり

 

痙攣、特に喉の引きつり、ヒステリー球

 

突然の不幸、悲しみ

死別、離別、離婚、失恋などのショック後の悲しみ

ショックからの過食、拒食

 

脾臓に関連(唇・胃・痙攣・鬱・悲しみ)

 

生理痛、PMS

無月経(神経性)

 

甲状腺機能亢進症

拒食症、摂食障害

 

歯のかみ合わせ、顎関節症

 

チーズを欲する、タバコで悪化。

 

症状が、とっぴに、無作為に、または、奇異に変化する、矛盾した。変わりやすい状態

 

 

精神では

 

急な深い悲しみ

 

用心深い、過敏で神経質、非常に感情的、気分屋

心の内側で嘆き悲しむ、悲しい状態を楽しむ

 

悲しいのに笑ったりする(泣き笑い)

悲しみの後に起こる様々な疾患

 

悲嘆、失望、ため息、悲しみの後の頭痛

感情が両極端に揺れる、情緒不安定、ころころ変わる感情

 

静かに悲しむ、さめざめと泣く、または号泣する

考えが頭から離れない⇔放心状態

不幸な恋愛

 

感覚過敏症、神経過敏症

うつ状態 不眠症(悲しみによる)

パニック障害、ヒステリー、閉所恐怖症

 

 

以上になります。

あっ私かなと思った方、是非とっていてくださいね。悲しみをしっかり受け止めて、感じ切って、そして癒されると良いですね♬

 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhom)のHP