日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

さていよいよ明後日になりました♬ 富田沙織JPHMA認定ホメオパスによる梅雨時期の様々な症状に対するホメオパシー的対策講座(6/30)

みなさんこの梅雨のジメジメした時期にでてくるしんど~い症状、ホメオパシーで乗り切ってみませんか♬

ご案内はこちらです↓

「賢者の薬草箱シリーズ -夏と梅雨に備える- 」

 

さて今回のレメディ

Gunpowder(黒色火薬)のテーマは血液毒と敗血症になりましょうか。

 

昔、お侍さんが、刀傷を消毒するのに酒を吹きかけて、

その西洋版で銃創から弾を取り出した後に、傷口に弾の火薬をのせて焼くシーンがあったような気がします。

細菌、ウィルス、カビ、寄生虫といった感染体による血液毒と敗血症が特徴になります。

 

プルービングとしては

血液の洗浄

血液中毒症 敗血症の状態

治らない傷

悪い水を飲んだことからの疾患

慢性的な感染時の総体的な衰弱、体重の減少を伴う、悪液質、やつれた青白い顔、食欲不振とうつ、副腎不全、免疫力の低下

 

感染

ねぶと 膿瘍

かみ傷、刺し傷、銃創の消毒に

虫刺され

 

顔面疱疹 顔面にヘルペス性発疹

帯状疱疹、主に小嚢がひどい時に

 

ぜん虫

食中毒、特に肉(慢性的/長期間)

水分の多いものからの食中毒(Ars)

扁桃腺炎(晴れている、特に膿状になっている)

 

ほとんど低ポーテンシーで使われるようです(3~6x)

 

精神では

精神疲労、落胆、疲労、活動する意欲をかき立てられない

達成しようとする意欲の喪失

長期間にわたる、うつや引きこもりを伴う感染症後の疾患

独りになることを欲求、人と一緒にいることを嫌悪

自分自身がわからない、混乱、記憶喪失

 

といったところでしょうか。

消毒といった急性の症状から、慢性的な症状にも幅広く選択できそうです。

ピーンと来た方、どうぞお試しになってみてくださいね🎶

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

身体の様々な症状だけでなく、

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬