日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

新型コロナウィルスの話になります。

報道的には中国も日本も、特にテレビでは感染者の数はそれほどでもなく、死亡率も2%くらいと、SARS(10%)、MERS(30%)に比べて安全である。また感染力もインフルエンザに比べるとそれほどではないみたいな報道がされています。

 

次のような情報が入ってきました。

 

<新型肺炎>中国人医師、決死の覚悟で世界に向けメッセージを配信「私は現在、もう2週間も残業づけの日々を送っている」「一般の人々が最悪の事態と考えているものよりもさらに深刻だ」「実際の感染規模は、2003年のSARSをすでに超えている」「直ちに武漢全体を閉鎖すべき」

 

新型コロナウイルスは報道よりずっと危険! !(朝香 豊)

 

この中で重要なのは現場の医療スタッフが感染したり、現地に調査にいった研究員が感染しているところをみると、感染力がさほどでもないという報道に?がつきます。

 

そしてこの新型コロナウィルスは潜伏期間が非常に長いので(平均9日)、熱が出ていなくても感染している場合があるということは、検疫は容易にとおり抜けてしまうということになります。

 

新型肺炎、武漢市が交通機関を停止 死者は17人に

 

さすがに中国政府も大きく動き出しましたが、時すでにおそし、というか感染力が強く、潜伏期間がながければ防ぐのは難しいと思います。

科学者によれば、感染規模は数万規模に広がってるとも言われだしており、この春節で30億人大移動が始まり、まず中国全土に広がって、そして日本では東京、大阪から広がる可能性がありますね。

そういうことになれば、日本で状況が深刻になるのは2月の上旬ということになります。

 

新型ウィルスはワクチンがありませんから、重症化するリスクがあり、特に呼吸器症状が重くなるそうですので心配です。各個人で予防対策や免疫強化を行っていく必要があると思います。

 

最近では普通のマスクではウィルスを通してしまうので、役に立たないかもという情報もあり、その他の衛生管理もしっかりやっておかねばなりませんね。

手洗い、うがい、普段から休息を十分にとっておく。ビタミン、ミネラルなどの栄養をしっかり取っておく、etc。その辺の免疫アップの一部について♡前回の記事で書いてますので、どうぞご覧ください。

 

新型ウィルスに備えよ・・・腸内細菌環境とウィルス感染症

 

またホメオパシーの母校CHhomにおいても新型コロナウィルス対策として、いろんなレメディーを紹介していますので、どこまで対処できるかわかりませんが、興味のある方、ご存知の方は是非試してみてくださいね。

 

以上になります。と書き終わったあとでこんな情報が飛び込んできました。
ちょっとはやすぎます。

ただいま日本ホメオパシーセンター神戸西神中央では、

ホメオパシー相談会、随時受け付けております。

 

ご案内についてはこちら!!

 

(お申込み順に対応させていただいてます。)

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

 

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhomのサイト