大正

昭和

平成

令和

これを斜めにたどると「大和平和」になる、というFBの記事をみてなるほど~♬と感心しながら過ごす令和のスタート。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

Carb-an(カーボアン:獣炭のレメディ)の主なテーマは酸欠です。

Carb-anは獣炭(牛革)のことであり、炭は酸欠状態で作られてることに意味があるようです。

 

酸欠状態あらゆる病因になります。

脳の酸欠→頭がぼーっとする、記憶力低下

筋肉の酸欠→疲れやすくなる

歯肉の酸欠→出血しやすくなる、 膿になりやすい

皮膚の酸欠→皮膚が弱くなる(髭剃り負けしやすい、酒さ)

心臓の酸欠→循環低下、冷え、低血圧、心不全

 

また、

乳房、乳腺の硬化と痛み

ガン

遠視

 

興味深いところでは

肉体に残っている動物エネルギーを浄化する」とあります。

(シャーマのスピリチュアルマテリアメディカより)

 

人間はありとあらゆる動物(のエネルギー)をとっていますから

ここは大切なところかもしれません。

Carb-v(カーボベジ:植物炭)と対比されるところですね。

 

精神面では

見捨てられたように感じる。

郷愁(ホームシック)の念に満ちている。

 

これは学校でS先生が「ドナドナ♬」を歌っていたのが印象深いなあ。

市場へ売られていく可愛い子牛が、荷馬車に揺られながら可哀そうな瞳でこちらを見てる

 

なんかちょっと哀しい気分になりますね。

 

こういった

ゆっくり死に向かっていくという状況からなのか、

ゆっくり進行する傾向のガン」という記述がありました。

 

独りになりたい欲求、孤独、引きこもりと意気消沈

過去の記憶が明確で、その中に生きている高齢者。

現実を生きるのが困難。

あらゆるものについて過去の方が良かったと思う。

 

過去の時代にとどまっていて、すべてが滞ってしまってると、

体全体が循環低下し、退化していくということなんやろね

 

ということは身体や心の「退化」とか「老化」に対して選択肢の一つとして覚えておきますね♬

 

いかがでしたでしょうか?

気になるポイントがいくつかみつかったなら、是非とってみられて、

どんな変化が生じたか、是非教えてくださいませ♪

日本ホメオパシーセンター神戸西神中央では、

身体の様々な症状に対して、健康相談を行っております。

クライアント様とのゆるーりとした雰囲気、調和の中で、

症状の根本へとアプローチしながら、

適切なレメディを導き出す毎日を過ごしております。

 

ホメオパシーを試してみたいが

どうしたらよいのかわからない。

普段からホメオパシー使っているが、

使い方がよくわからないときがある。

もう少し理解を深めたい

根本治療を目指したいという方は、

是非プロのホメオパスまでご相談ください。

 

選んだレメディがあなたの身体・心・魂に響き、働いて、

自然治癒力(バイタルフォース)活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬

 

あなたに希望の光がさしますように。

 

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを♬

May the vital-force be with you♬