日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

 

 

さて今回のレメディーChel.(チェリドニューム:クサノオウ)のテーマは”肝臓”になります。

 

 

 

Chel.は肝臓にとても良いレメディーで、確かに呼吸器の症状にも合いますね。その辺の特徴をあげてみました。

 

では プルービングを観ていきましょう♪

 

プルービングというのは健康な患者がある原物質をとった時に現れる症状で、ホメオパシーの原則「健康な人に投与して、ある症状を起こさせるものは、その症状を取り去るものになる」というホメオパシーの「同種の法則」に基づいたものです。

 

 

《呼吸器系》

息切れと、胸苦しさと、衣服が窮屈すぎる感覚

深く呼吸するときに圧迫されるような痛み

 

ほこりからのような、ガラガラいう咳:しかしほとんど喀出物はない、または口から飛び出す

 

根深い痛み、またはねじ込まれるような感覚、右胸部の奥深くに

咽頭の圧迫感、空気が通らないような感覚

 

黄疸を伴う肺疾患

喘息(天候の変化による)

 

胆汁性肺炎

胆汁うっ滞性黄疸

 

肝臓疾患を伴う呼吸器系の疾患

肝疝痛

胸部の刺されるような痛み

 

 

《肝臓、腹部》

肝臓、門脈系、腹の右側

圧倒的に右側の症状

肝臓の痛み、肝臓の肥大

 

みぞおちの圧痛

黄疸、胆汁性の合併症

 

糊のような、色の薄い、明るい黄色の、粘土のような、あるいはボール状の便

下痢と便秘が交互に生じる

 

視神経と眼筋の麻痺、斜視、白内障

光に敏感、右側

 

以上になります。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ただいま日本ホメオパシーセンター神戸西神中央では、

ホメオパシー相談会、随時受け付けております。

 

ご案内についてはこちら!!

 

(お申込み順に対応させていただいてます。)

Skype等対応してますので、自宅に居ながら安心して相談会を受けられます。

 

お問い合わせ・お申込みはこちらからぞうぞ↓

相談会依頼の他、興味ある事、不安なこと、わからないこと等お待ちしております。

(お電話番号も必ずご記入ください。こちらからの返信メールが、お客様の迷惑メールBox等に入っていて気づかれない場合もございます。お電話のショートメッセージを利用させていただきます。)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

 

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬/

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhom)のサイト