日本ホメオパシーセンター神戸西神中央 普段着ホメオパスのかわさき(川崎浩司)です♪

さて本格的な雨になってきました。気温もぐっと低くなってとても寒いですね。みなさまどうぞあったかくしてお過ごしくださいね。

 

さて今回のレメディーThyr/(サイロイダイナム:甲状腺)のテーマはもちろん”甲状腺”になります。

 

 

それではプルービングを観ていきましょう♪

 

プルービングというのは健康な患者がある原物質をとった時に現れる症状で、ホメオパシーの原則「健康な人に投与して、ある症状を起こさせるものは、その症状を取り去るものになる」というホメオパシーの「同種の法則」に基づいたものです。

 

 

甲状腺機能亢進症(多量の発汗、頻脈、不安と動悸、良く食べるが痩せる、吐き気と嘔吐)

 

 

甲状腺機能低下症(低体温、寒がり、徐脈、疲れやすい、めまい、疲労、浮腫み、体重増加、リウマチ、関節痛)

 

甲状腺腫

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)

 

子供の夜尿症

不眠症

片頭痛

不安症

乳腺腫瘍、乳腺嚢胞

 

 

 

精神では

 

甲状腺機能低下症の場合

知覚麻痺、嗜眠状態、半ば意識があり、混乱を伴う、集中力不足、沈んだ気分、話したくない、動きたくない

 

亢進症では

興奮性、神経動揺、不快感を伴う躁病、衝動、洞察力の欠如

 

以上になります。

Thyr.は甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症の両方の側面を持っており、低下症の場合は低ポーテンシーが良いと森井啓二先生のマテリアメディアの中でおっしゃってますね。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ただいま日本ホメオパシーセンター神戸西神中央では、

ホメオパシー相談会、随時受け付けております。

 

ご案内についてはこちら!!

 

(お申込み順に対応させていただいてます。)

Skype等対応してますので、自宅に居ながら安心して相談会を受けられます。

 

お問い合わせ・お申込みはこちらからぞうぞ↓

相談会依頼の他、興味ある事、不安なこと、わからないこと等お待ちしております。

(できるだけお電話番号もご記入ください。こちらからの返信メールが、お客様の迷惑メールBox等に入っていて気づかれない場合もございます。お電話のショートメッセージを利用させていただきます。)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当センターでは、

 

身体の様々な症状だけでなく、

 

心の問題や感情の問題に対しても、

ホメオパシー的アプローチを行っております。

 

セッションの中で出てくる言葉や、選んだレメディが、

あなたの身体・心・魂に響き、働いて、

 

自然治癒力(バイタルフォース)が活性化し、正しい方向へ進むよう、

最大限の手助けをさせていただきます♬/

 

あなたに希望の光がさしますように。

そして、

 

バイタルフォースと共にあらんことを

May the vital-force be with you♬

お問い合わせはこちらからぞうぞ↓

ホメオパシー学校(CHhom)の紹介VTR

ホメオパシー学校(CHhom)のサイト